FRIENDS OF OZSONS


Vocal Group BREEZE

BREEZE

オージーサンズはBREEZEとお友達になってきました。名前だけは聞いていたのですが、実際にコーラスを聴いたことが誰もありませんでした。

メンバーは左から磯貝たかあき、小菅けいこ、中村早智、中村 学です。
 

それが2004年を迎えて、まこGが大原江里子に誘われて気が向かなかったのですが「大原さん一人では寂しかろう」と思い、他の仲間には内緒で聴きに行きました。その結果・・・大興奮・・・もう、大騒ぎ。次の週に六本木のSatin Dollでのライブに召集メールが飛び交い、仙台にいるおじさんはほったらかしにして、3人と旧メンバーの西尾などオージーサンズ一家七人で出かけました。わかGなどは、先入観なしに聴きに行ったのです。だから、驚いたのです。

われわれのテーブルにアルトの中村早智(サッちゃん)がやって来てくれました。まこGはサッちゃんといやに親しげなんです。くりGが怪訝な顔をして、

「前から知り合いなの?三十年来の友達のようにしているけど」

「この前のライブに行ってさぁ、今日で2度目だ」

何んて人懐こいと言うか、馴れ馴れしいというか、オージーサンズのリーダー兼渉外は一旦気に入ると「押しが強く」なる癖があり、喰らいついたらはなれないのです。

近年は、アカペラブームが起こり静かなコーラスブームとなっています。中にはジャズコーラスと銘打っているグループもあります。でも、ジャズコーラスというからには、われわれおじさんたちには、いささかの注文があり、ただスタンダードジャズの歌を唄うだけでは「ジャズ」とは言わないのです。

「そよ風」は5月の薫風のようなさわやかなさ。BREEZEはオージーサンズのメンバーに大いに気に入られました。声のそろえ方とバランスのよさは完璧に近いと思います。音程や強弱、きれいなハーモニーの作り方は「まさに」プロです。野口久和のアレンジも見逃せません。贅沢なことを言わせてもらえば、遊びが欲しいところです。例えば、FF、マントラ、LHRがライブで見せる「やつ」です。遊んでくれると息が抜けるのです。ハーモニーの難しさ、激しい音の動きといったシーリアスさは聞かせどころですが・・・

灰汁(あく)のある声や唄い方をすると、コーラスを駄目にしてしまいがちですが、”あく”がないと物足りなく感じるのは事実です。LH&Rは個性をぶつけ合って独特のハーモニーを作り出していました。メンバーの個性がしっかりあるのにコーラスとして成り立つ、バラバラに唄っているのにハモっているグループなんて夢でしょうかね。彼等のライブをはじめて聴いて、あまりに上手なのでそんなことが頭をよぎりました。

これで、BREEZEのライブにはオージーサンズが時々お邪魔することになるでしょうね。BREEZEの皆さん、サッちゃんお覚悟を・・・

さて、2005年を迎えました。中村早智からの挨拶メールが来ました。なんと「Breezeを辞めました」という知らせです。13年も初めからのメンバーとして活躍していたのにと思いますが、このようにコーラスグループのメンバーの去就はプロでもアマでも必ずと言っていいほど起こります。

尚美学園大学新卒のアルト松本敦子が加入しました。

The Lureも2004年の夏前には解散いたしました。

上の記事を載せてから8年が経ちました。帝国ホテルで開催されたImperial Jazz Complex、岩本町TUC、中目黒の楽屋、前田憲男ウィンドブレーカーズのライブなどで彼らのステージは見ていましたが、ゆっくり話したり、遊んでいる時間などはありません。マヌエラの中田が9月の末頃、偶然に入った錦糸町の小さなライブハウスでBREEZEを初めて聴きました。驚いて早速わかGにそのことを話しました。

「それじゃ、ゲストデーに呼ぼう」

となって、11月8日の日取りが決まりました。これも、丁度、東京倶楽部(水道橋)でライブを行っているときに電話で話が通じたのですが、その場所にBREEZEの関係者で我々の後輩でもある上村がいてとんとんと話が進みました。

当夜の写真をお見せします。(2013/11/10)

若い2人が成長しました。お見事だ!