FRIENDS OF OZSONS


池貝 政俊

池貝政俊

池貝まさとしといえば、巨泉の11PMが始まった時編成されたジャズバンド、大橋巨泉とサラブレッズを思い出すでしょう。サラブレッズは杉原 淳(ts)、根市タカオ(bs)、池貝まさとし(dr)、中島一郎(pf)というメンバーです。

たまに巨泉が歌ったりしたのを見たことがあります。

このバンドはすぐに解散になりましたが、杉原 淳が残って沢田靖司トリオを加えてニューサラブレッズを編成しました。これは5年か7年か続きました。

いずれも番組の最後にこのバンドの演奏で終わりになります。根市さんとは今もトリオを組んで毎月ライブをやっています。
 

オージーサンズの小島とは遠い親戚に当たるので、特に親しくしている。池貝さんの妹さんは玉川学園で小島の2年先輩だった。池貝さんはわれわれが遊んでいるマヌエラにぶらりと現れては太鼓を叩いてくれる。

マヌエラではいつも話が古くなって60年代の話が飛び出してくる。2013年6月のオージサンズ・コンサートには「ご招待」をして聴いてもらった。

今夜はAll of Me Clubで池貝さんのプロデュース・ライブで、大森史子(pf)、根市タカオ(bs)、池貝政俊(dr)、鈴木史子(vo)といういわば身内のライブ。根市さんの同級生はいつものように集まって賑やかですし、池貝さんの姪が一人で来ていたので、われわれのテーブルに合流しました。

史子さんはまこGとのDuet、私も引っ張り出されてSunny Sideを歌わされました。(2013/8/8)


1970年の池貝さん


2015年の4月のことです。「若山さんに渡したいものがある」とおっしゃいます。4月12日に麹町の高谷のスタジオまで行くから1:30頃に来いということで資料をもらいに出かけました。

なんと原田イサムさん、瀬川昌久さんら10名ばかりがずらりと顔を揃えています。「日本楽友会」という古い楽隊の親睦団体があるのですが、その役員会を開催しているところでした。議題は2015年のNGK懇親会の開催日と場所を決めることと役員の人事でした。

私は2014年11月に「日本楽友会(NGK)のホームページ」を立ち上げました。何年か前に日本楽友会関西のホームページを見たことがありましたが、消されてしまいました。幸い、事務局長の奥山さんは30年以上の旧知です。この話をしたら手許にある名簿や写真・ビデオなどを自宅まで持ってきてくれました。それで、とにかくサイトを立ち上げて組織の存在をネット上に流そうと考えました。

大きな引き金になったのは、Jazz Waorld紙上で「日本楽友会は休止してしまった」という記事が2014年10月号に内田編集長が書いたことです。これは真っ赤なウソ!内田さんはこともあろうに会費を何年か払わないので除名になったのです。したがって、現在の楽友会のことはご存じありません。取材にも来られないのです。

そんなことを誰に頼まれたわけでもないのですが「俺がやらなきゃ・・」とHome Page作りを始めたわけです。そんな変り者と連絡を密にするためにはNGKの役員の仲間にすることです。そんな密かな計画を知らずに理事会の会合に顔を出し、その場で理事に指名されてしまいました。

その計画を実行したのが池貝さんだったのです。(2015/6/10)