Setsuko Morinaga

2002年の3月12日に、ゲストブックに記帳をしてくれた女性がありました。「ボサノバをスタンダードジャズで演奏してるプレーヤーは?」という質問が添えてあるのです。METROとしか書いてないので、メールアドレスもわかりません。この要領を得ない質問は彼女自身の質問ではなくどなたかが彼女にした質問らしいのです。

そこで、ゲストブックに連絡先をと書いておいたら見てくれたのですね。すぐに飛び切り美しいメールが来ました。わたしのサイトをつぶさにご覧になっていたのです。その女性は熊本のCity FM局という小さな放送局の美人パーソナリティーで森永節子さんという方です。

先ず、The Oz Sonsのコーラスのサウンドを聴き、これをご自分の音楽番組でOn Airしたいということになり、あれよあれよといってる間に3月20日(水)の5時から8時の彼女の番組で本当に放送してしまったのです。熊本の皆さん、大変失礼をいたしました。

さらに、27日(水)には若山のところへ、本番中に電話インタビューがありました。森永さんと私とが話をしているのが電波に乗ってしまったのです。よくテレビなどでは見たことがありますが、自分が張本人となってしまうとは夢にも思っていなかったことです。


丁度、爵士樂堂主人に電話インタビュー中の森永さん (森永ファン、鈴木 武さん撮影)

電話がかかってきました。向こうの様子がバックに聞こえているのです。Day By Dayが流れています。それも爵士樂堂主人の一人コーラスです。本サイトの一人コーラスからダウンロードして流しているのです。

ホームページを作った動機やジャズとの出会いなどいろいろ尋ねられました。かれこれ15分ばかりお話をしてしまいました。一度、東京にも来ていただきたいやら、熊本にも遊びに行ってみたいやら、とても身近に感じました。電話を切ってから、3曲を流すということでした。サテライトスタジオからの放送ですので、外のお客さんにスピーカーで聞こえるようになっているのだそうです。

番組の名前ですか?
「夕方フレンド」 エイジレス・ミュージック・アワー というのです。
おじさんにはうれしいタイトルですね。

翌週の4月3日(水)は、われわれオージーサンズのリーダー小島 恂のところに電話インタビューがあり、同様にOn Airされました。若山が床屋で頭を洗われている最中に携帯がなりました。心配そうな声で

「5時過ぎたのに、森永さんからまだかからないんだけどお」
「おれのときも10分くらい待ったよ」
「携帯の番号、ちゃんと教えてくれた?」
「だいじょぶ、だいじょぶ」

少し後に「いま、おわった」ですと。床屋もちょうど終わったのです。リーダーはおじさんコーラスをなぜ始めたのかを喋りました。あらためてメンバーを紹介しろとのことで、

「砲声大楽のエライ宣誓、牢尊のエライ人、馬留辺煮のエライ人」

って言っちゃいましたとさ。自分のことは 「沖縄田痛のエライ人」なんて言ったんでしょうねぇ?東京では放送が聞けないので何もわからんのですよ。

電話の後でI’ll Never Smile Againを再度流したそうです。City FM 791のHPの掲示板を眺めると、これが「4月の歌」とやらになっていて毎週OZ SONSのコーラスが熊本地方に放送されたのです。

2011年現在は、熊本市内でメトロマフィンというお菓子屋さんを開業しました。