FRIENDS OF OZSONS


Masahisha Segawa(1924- )

瀬川 昌久

おなじみのジャズ評論家ですが、遡れば2002年の東京都社会人ビッグバンド連盟のコンサートにOZSONSがゲストで呼ばれた時、司会者が瀬川さんでした。

これが最初の共通のステージでした。
 

「君たちはPied Pipersのようなサウンドをしていた」とうれしい感想だった。それは、われわれのシグネチュアソングとでも言うべき”I'll Never Smile Again”を歌ったからです。


23rd. Swing Is Here! Concert, June. 2, 2002

演奏曲目は以下のとおりです。
・My Favorite Thing (鈴木史子)
・Someone To Watch Over Me (鈴木史子)
・Until I Met You/Satin Doll (Ozsons+鈴木史子)
・Let's Fall In Love (Ozsons+鈴木史子)
・I'll Never Smile Again (Ozsons)
アンコールに応えて、
・A Lovely Way To Spend An Evening (Ozsons+鈴木史子)
伴奏はBig Wing Jazz Orchesra+大原江里子(ピアノ)

帝国ホテルで開催されるマヌエラのXX周年パーティには、ほとんど常連です。トップの写真はそのパーティでのダンシング瀬川さんです。今は亡きマヌエラさんの著書「上海ラプソディー」の校閲者は瀬川さんで、「マヌエラさんを迎えて」には出席されました。


マヌエラさんを囲んで,2002

比較的新しい本「ジャズに情熱をかけた男たち−ブルーコーツの70年」2004を執筆する時、ブルーコーツのメンバーだった小島正雄さんの写真が欲しいと言って電話がかかってきました。それで、小島 恂に話をして古い写真を挿入したという話です。(2013/4/11)


     瀬川     わかG     ヨウ(2013/6/15)